一般社団法人

知財経営ネットワーク (IPN)

TEL : 06-6155-5185 (代)

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル702

知財経営ネットワーク(IPN)は単一分野の士業グループではなく、複数分野の士業及びエキスパートの集団です。

これまでの実績

■年度別実績

平成22年度実績

事業受託

  • ・近畿経済産業局「中小・ベンチャー企業経営者向け知財経営戦略ビジネスセミナー」受託

平成24年度実績

事業受託

  • ・大阪府「中小企業新技術開発・技術移転推進事業」受託

セミナー開催

  • ・平成24年 5月30日 MOBIO Cafe 「パテントマップでビジネスチャンス」
  • ・平成24年12月14日 MOBIO Cafe 「経営戦略に必要なポジショニングマップの作成〜入門編〜」

平成25年度実績

事業受託

  • ・平成25年度・平成26年度 大阪府「オープンイノベーション推進事業」受託
  • ・平成25年度・平成26年度 大阪府「成長産業企業活用人材事業 知的資産経営コース」受託

シンポジウム・セミナー開催

  • ・平成25年 1月17日 第2回特許ビジネス展示会 in MOBIO「パテントマップを作ろう」
  • ・平成25年 9月12日 知財シンポジウム開催「みんなで知財を考えよう」(大阪府・東大阪市共催)
  • ・平成25年10月 4日 MOBIO Cafe 中小企業の戦略シリーズ(第1回)
               販売戦略のバイブル「ランチェスター戦略」 稲荷 誠
  • ・平成25年11月 1日 MOBIO Cafe 「知的財産権による防御と反撃」
  • ・平成25年11月 6日 MOBIO Cafe 中小企業の戦略シリーズ(第2回)
              「ブルー・オーシャン戦略」 稲荷 誠
  • ・平成25年12月 3日 人材育成セミナー開催 〜「これからの人材育成のありかた」
  • ・平成25年12月 6日 MOBIO Cafe 中小企業の戦略シリーズ(第3回)
              「エコノミックガーデニング政策と中小企業の経営戦略」 稲荷 誠

平成26年度実績

フォーラム・セミナー開催

  • ・平成26年 1月17日 経済産業省(近畿経済産業局)「経営革新等認定機関」認定
  • ・平成26年 3月11日 知的資産フォーラム開催 〜「知的資産経営は必要か!」(大阪府と共催)
  • ・平成26年 3月18日 第3回特許ビジネス展示会 in MOBIO 協賛
  • ・平成26年10月23日 セミナー開催 〜 「金融機関と賢くつきあう!御社はこう見られてます」
              (日本政策金融公庫後援)

平成27年度実績

事業受託

  • ・平成27年度 近畿経済産業省「中小企業知的財産活動支援事業 広域・連携型先導的仕組構築」受託
  • ・平成27年度 大阪府「中小企業の技術評価(知財評価)を核とする
                     アイデア実現化に向けた伴走型支援事業」受託
              ※業務内容については>大阪府のホームページをご覧ください。

セミナー開催

  • ・平成27年 7月21日 MOBIO-Cafe 労務シリーズ第1回(大阪府と共催)
               「労務トラブルのリアルとリスク対策」 藤原 雅博
  • ・平成27年 8月19日 MOBIO-Cafe 労務シリーズ第2回(大阪府と共催)
               「知っておくと役に立つ メンタルヘルス対策の基礎知識」 藤原 雅博
  • ・平成27年 9月 3日 MOBIO-Cafe 労務シリーズ第3回(大阪府と共催)
               働きやすい職場環境を目指して「NO!! パワハラ」 藤原 雅博
  • ・平成27年10月16日 MOBIO-Cafe 第1回
               「オリンピックエンブレム問題にならないために
                ‐知的財産権をうまく活用し、収益に結び付けよう‐」 後藤 昌彦
  • ・平成27年11月 5日 MOBIO-Cafe 第2回
               「製品価値の見える化で新たな得意先を獲得
                         ‐販促のための知財マップ作成‐」 後藤 昌彦
  • ・平成27年11月20日 MOBIO-Cafe 第3回
               営業力向上セミナー「自社の技術を売り込むための交渉術」 後藤 昌彦

平成28年度実績

事業受託

  • ・平成28年度 特許庁「中小企業知財金融促進事業」
     ※評価機関として「知財ビジネス評価書」を作成
  • ・平成28年度 近畿経済産業局「中小企業の研究開発事業における特許技術のマッチング事業及び事業化状況調査」

セミナー開催

  • ・平成28年 6月 8日 近畿大阪銀行主催セミナー
               「目利き力(技術編)」 戟 忠希
  • ・平成28年 7月14日 近畿大阪銀行主催セミナー
               「目利き力(サービス業編)」 椎原 秀雄

平成29年度実績

事業受託

  • ・平成29年度 特許庁「中小企業知財金融促進事業」
     ※評価機関として「知財ビジネス評価書」を作成
  • ・(独)工業所有権情報・研修館委託事業「平成29年度 中小企業等特許情報分析活用支援事業」
     ※特許情報分析機関として「特許情報分析報告書」を作成

■関連書籍のご案内

「知的財産を活用して「利益」を生み出す50のヒント
    ―会社の収益力をアップする異次元の仕組みー」

◎執筆者 後藤 昌彦

2016.5.26 出版 セルバ出版

表紙画像

 多くの企業経営者は、日々の資金繰り・売上の伸び悩み、利益率低下・人材不足等、 目に見える直近の経営課題と向き合いながら日々を過ごしていますが、目の前の問題に目を向けるだけでは成長し、利益を上げ続けることはできません。本書では、「知的財産・マーティングを融合し、知的財産の活用により利益を恒常的に得る仕組みをつくることによって、企業を元気にし、新たなステージへ導く」ことに主眼を置き、販売力を高めたい、売上を伸ばしたいとお悩みの経営者に効く50の「処方箋」を解説しています。

「環境保全と防災対策に着目した 地盤・地下水開発技術入門」

◎執筆者 戟 忠希、稲荷 誠

2014.8.25 出版 日刊工業新聞社

表紙画像

 人間活動が巨大化するに伴い、それが自然界に悪影響を与えることがあります。これらの災害や環境に関する事象の多くは地盤と地下水に関するものです。本書は地盤と地下水を防災面と環境面から俯瞰した場合に、地盤開発及び地下水開発によってそれぞれメリットだけではなくデメリットがあることについて体系的に解説しています。さらにデメリットを回避するための技術についても解説しています。

「技術者のプロマネ!『ミッション遂行力』入門」

◎執筆者 戟 忠希、平松 新 他

2013.2.20 出版 日刊工業新聞社

表紙画像

 技術者の業務は、新規性の高い業務や経験のない業務を担当する機会が高まってきています。その業務を確実に遂行するためには、プロジェクトマネジメントの考え方や技法が必須です。本書は、こうした不確実性要素を含んだ業務を遂行することにフォーカスし、プロジェクトマネジメントの考え方や技法を、具体的なモデルケースで紹介しています。

「技術融合で『人に役立つ技術』を仕事にする!」「人を不幸にする技術」から脱却しよう

◎執筆者 戟 忠希、平松 新

2012.7.25 出版 日刊工業新聞社

表紙画像

 「本当に人に役立つ」21世紀型ビジネスでの技術領域は1つの技術分野だけで完結できるものではなく、多くの技術分野が融合して成立する。本書はその技術融合について、その特徴と事例、問題点などを、エネルギー技術、環境技術、制御技術、IT技術について紹介しています。

「知ってなアカン!機械技術者 モノづくり現場の『構想設計力』入門」

◎執筆者 佐野 義幸、奥村 勝、多田 和夫 他

2012.6.25 出版 日刊工業新聞社

表紙画像

 「知ってなアカン!」シリーズの第3弾。本書は、モノづくり、製品設計において、「上流設計」の段階での「構想設計力」の向上を説いたものです。「設計検討って、どないすんねん! 」の姉妹本にあたり、構想設計力、商品開発力、問題解決力、環境保全技術力などの向上をそれに必要な様々な手法とともに解説しています。

「知ってなアカン!技術者のためのマネジメント思考上達法」

◎執筆者 戟 忠希、佐野 義幸、保居 優加子 他

2011.10.20 出版 日刊工業新聞社

表紙画像

 「知ってなアカン!」シリーズの第2弾として、「知ってなアカン!技術者のためのマネジメント思考上達法」を出版しました。本書は、技術者にとって必要なマネジメント能力を高めるためのノウハウを、様々な業種の技術者が紹介しています。本書によって読者のマネジメント能力の向上が可能となります。

「知ってなアカン!知的資産活用術」

◎執筆者 佐野 義幸、戟 忠希、前井 宏之、保居 優加子

2011.2.25 出版 日刊工業新聞社

表紙画像

 知財の基礎知識と、技術者にとって必要な知的資産の獲得・活用方法を、弁理士・技術士などのそれぞれの専門家が解説するまったく新しいユニークな知財入門書です。若手技術者たちの成長ストーリーを、イラストや図面で紹介しています。